振袖をレンタルする時に気をつけること

成人式や結婚式のお呼ばれなどで、振袖を着ようと思ったとき、レンタルは非常に便利です。少ない回数であれば、購入するより金額を安く抑えられますし、色んなデザインのものを着ることができます。しかし、手軽に借りることができるものの、気を付けておきたい注意点もいくつかあります。今はネットでも色んなお店のサービスを確認できます。お店のサービスも千差万別なので、自分に必要なサービスを提供してくれるお店を探しましょう。着付けの際、必要な道具を一式借りられるのか、一部購入が必要なのか、着付けやヘアセットをしてくれるのか、そうでないのかなど着物を着るときに気になることは沢山ありますので、ちゃんと確認しておきましょう。そして、それらのサービスを含めた料金も比較しながら、お店を絞っていきましょう。

お店を選んでいざ行くときに気を付けたいこと

振袖をレンタルしたいお店を選べたら、お店に予約の電話を入れましょう。特に成人式シーズンでは人が混み合って、飛び込みで行ったものの、ゆっくり着物を選べないこともあります。また、お店側から来店時の注意点を聞いておきましょう。髪の毛もアップにしていくことが望ましいです。着物を選ぶときには、店員さんに好みの色や柄を伝えるとおすすめのものを選んでもらえます。お店に行く前にある程度着たい色や柄模様を絞っておくと、スムーズに選べます。結婚式に着ていくときには、白い着物や、キラキラとして目立ちすぎる着物は避けましょう。小物も、蛇やワニなどの殺生をイメージさせるもの縁起が悪いとされているので、選ばないように気を付けましょう。気になることがあったら、店員さんと相談しながら、結婚式にふさわしい着物を選びましょう。

着用する準備と、着るときに気を付けたいこと

お店で着付けやヘアセットを全部行ってくれる場合は、お店側にお任せしてもいいのですが、自分で着つける際にいくつか気を付けたいことがあります。自分で着つけることができない場合は、着付けができる美容院等を探しておくこと。成人式や結婚式に間に合うように身支度を終わらせておく必要があるので、場合によっては早朝に予約しなくてはいけません。早めに伝えておきましょう。また、前日には天気の確認や、小物の準備をしておいて、着付けが終わったらそのまま出かけられる状態にしておくのが望ましいです。ネイルやヘアセットの前準備も前日に終わらせておきましょう。いざ着物を着用して会場に行くときには、着崩れ防止のためにも背筋を伸ばして歩きましょう。また、和装は洋装のときより足元に気を付け、歩くのも普段の半歩くらいだと歩きやすいです。特に注意したいのが、椅子に座るときと、パーティ等で料理を取る動作です。椅子に座るときは帯をつぶさないように、背もたれにもたれかからずに座ります。料理やグラスを扱うときは、袖をもう片方の手で持ちながら、汚さないよう気を付けましょう。