振袖のレンタルでチェックしたいポイント

洋服で生活していると、着物を着る機会は非常に少なく、また着付けが出来る人も少ないものです。しかし、成人式や結婚式など、今でも節目の時には着物を着る習慣が残っています。特に成人式では、女性のほとんどが着物を着て参加します。自分で着ることが出来ない人にとっては、購入してもその後に着る機会がないことも多いので、レンタルを利用することが便利です。購入するよりも安く利用することが出来るだけでなく、着た後のクリーニングや保管などの手間もかかりません。内容については、利用するショップによっても異なるので、きちんと内容を把握して利用することが大切です。人気のデザインやカラー、新作などは早くに予約が埋まってしまうこともあるので、利用する日が決まったら早めにチェックしましょう。

着付けに必要な小物が含まれているか

振袖をレンタルする際には、いくつかのポイントをチェックしておきたいものです。まずは、内容についてです。着物は洋服とは異なり、色々な小物が着付けに必要です。着付けに必要となる紐や、足袋、衿、帯、帯締め、帯揚げなどは必ず必要となります。ショップによっては、紐やタオル類は持参するように言われることもあるので、必要なものは事前に確認しておきましょう。当日不足していると、不足品を購入するか、着付け出来ないということもあるので、十分注意しましょう。また、着付けやクリーニング代が含まれているかというのも重要なポイントです。着付けが含まれていない場合には、美容室などを別に予約する必要があります。時間によってはレンタル日数を増やす必要もあるので、きちんと確認しておきましょう。

似合う振袖の選び方のポイントとは

普段着物を着ていない人の場合には、自分に似合う着物選び方が分からないという人も多いでしょう。着物は洋服とは少し異なる視点で選ぶと、似合うものが選びやすいです。最も注目したいのが、身長です。着物は体全体を覆ってしまうので、身長に合わせて色や柄の大きさを考えると、似合うものに出会いやすいです。小柄な人は、華やかな色で、柄は小さいものが似合うでしょう。反対に高身長の人は、落ち着ついた色で、大柄のものを選ぶと、小柄な人には出来ない着こなしが出来ます。洋服ではピンクなどの淡い色が好きな人も、着物の場合には赤や青などはっきりとした色の方が似合うことも多いです。柄との兼ね合いも考えて、色々な色や柄を合わせてみると、今まで着たことが無い色が似あうこともあるので試して見ましょう。