振袖をレンタルする時の注意点とは

華やかな振袖は女性の憧れの着物です。成人式や結婚式に招かれた時など、改まった席に着ていくものなので、あまり着る機会がないかもしれません。持っていても収納方法がわからない、手入れにはお金や時間がかかるなどの理由で、購入するのではなくレンタルで済ませる人も多いでしょう。当たり前のことですが、レンタルは自分の着物というわけでなく、着物を借りるということになります。そのため、いくつか注意したい点があります。一つは、日程についてです。スケジュールに余裕を持たせることは必要です。もう一つは内容について確認をするということです。この二つが必要な理由について述べていきます。振袖だけでなく、他の着物を借りる機会などにも応用できることもありますので、参考にしてください。

スケジュールを確認して余裕をもって借りる

振袖を着る機会はあらかじめ日程が決まっていることが多いです。日にちが決まったら、なるべく早く予約に行くようにしてください。特に成人式は一年前から予約をしている人も少ないないため、遅くなってしまうと、自分の好みの色柄の着物が無くなっていて借りられないということがあります。また、着物にもサイズがあるのですが、柄だけでなくサイズも品切れになっていることがあります。どの程度の期間、借りることができるでしょうか。前撮りなどをしたい場合は、その期間も加えてスケジュールを考える必要があります。当日だけなのか、前後どのくらいの日程で借りることができるのか確認をしておきましょう。ギリギリのスケジュールでは、足りないものがあった場合のリカバーをする時間がなかったり、焦りから思わぬ失敗をしがちです。ある程度余裕をもって借りるようにしましょう。

セットの内容を確認してください

予約をする際に、必ずレンタル料金のなかに何が含まれているのかを確認してください。大抵は、着物だけでなく、帯や長襦袢、草履、ショールなどが入っているのかをチェックする必要があります。もし入っていなければ、別料金で借りることができるのか聞いてみてください。下着や着付け用の紐などはどうでしょうか。肌に直接つけるものなので、セットになければ自分でそろえる必要があります。できれば、帯締めや草履などの小物類は実物を見せてもらってください。安いプランではあまり着物と合わない安っぽい感じの物の場合もあるので、気に入らない場合は自前で購入するかどうか考えましょう。せっかくの美しく装える機会です。あらかじめ確認をしておくことで、当日は自分らしく余裕をもって臨むことができるでしょう。

呉服屋の着物レンタル365のターゲット層は、老若男女問わず着物の好きな方、また晴れの日を着物で過ごしたいという方です。 着物レンタル365の料金については、税抜きで1万円未満からのご用意と、往復送料無料で対応しております。 サービス概要は着物レンタルで、結婚式や結納や七五三など様々なシーンに合わせて、様々な種類の着物を選べます。 振袖レンタルで素敵な思い出に